HOMEやおつをのぞいてみる ≫ 大仙寺

やおつをのぞいてみる

宮本武蔵が修行した座禅石が残る名刹がここに。武蔵を思いながら座禅を組む?

宮本武蔵といえば、剣豪として知られます。佐々木小次郎との「巌流島の決闘」はあまりにも有名ですね。
その宮本武蔵が、かつて八百津の町で修業していたことは意外と知られていません。
八百津の市街地から北へ10分ほど歩いた場所にある「大仙寺」がそのお寺です。大仙寺は、「永保寺(多治見市)、正眼寺(美濃加茂市)」とともに「美濃三道場」と呼ばれ、妙心寺派別格として多数の高僧を輩出し栄えた経歴のある由緒ある古刹。
現在の場所に移転したのは江戸時代といわれ、その後大きな災禍にも遭わず、いにしえの姿をそのまま今日に伝えています。
一ノ門を入った参道の両脇には椿がたくさん植えられています。昔は「椿寺」と呼ぶ人もいたといいます。花の少ない冬の季節に、訪れる人を楽しませてくれます。

今から400年以上前、剣の修行中だった武蔵は、京都の沢庵和尚のもとで禅の修行も行っていました。その沢庵和尚の遺言に従い、この大仙寺にやってきたといいます。突然修行に訪れた若者は、自分の熱意を示すため、門前の石の上で三日三晩座禅を組みました。それを見た、当時この寺を守っていた八代目の愚道国師が入山を許し、ようやく武蔵はここでの修業を始めます。
武蔵が座禅を組んだ石は、今も大仙寺の門の前に残されています。また、大仙寺には、かつて武蔵が描いたと言われる虎の絵が今も残されています。武蔵の絵は、かの渡辺崋山も魅せられたそう、絵の才能もあったのでしょう。
剣豪と呼ばれながらも芸術家の一面も持っていた武蔵。彼が何を思って石の上で座禅を組んでいたのか、「強くなりたい」と願っていたのか「人として徳を積みたい」と思っていたのか、非常に興味のあるところです。

八百津町は、木曽川の恩恵にあずかって発展してきた町です。が、反面水害も多く、町民を悩ませました。それ故でしょうか、昔からこの地域には信仰心の厚い人が多く、かつては小さな町にお寺が10以上あったと言われます。
現在は、23代目が住職として寺を守っています。かつてのように人々が日々の暮らしの中で信仰を心のよりどころにすることも少なくなりましたが、時代が変わったならそのように人々の心に寄り添いたい、と大仙寺では、広く人々を受け入れるような試みをいくつもしています。毎月1日と5日に行う「早朝座禅会」もその1つ。1時間の座禅、写経、講話の後、朝粥をいただきます。特に大仙寺にゆかりの人だけを対象としているわけではありません。「どなたでもどうぞ」と開かれているのが嬉しいですね。また、24代目(現副住職)の奥様がヨガのインストラクターであることから、月に7〜8回ヨガ教室も開催。町内の若い主婦をはじめとして楽しんで参加する町民の方も多いそうです。

やおつMAP

つながる・やおつ

Instagram「#mikkeyaotsu」をつけて
八百津町の画像を投稿しよう!
みんなのmikke!をチェック

Wrapping Taxi