HOMEやおつをのぞいてみる ≫ フレンドリーパークおおひら

やおつをのぞいてみる

川遊びで夏を体感! 旅足峡谷に広がるせせらぎの公園

八百津町にとって身近な川、木曽川。その木曽川の支流・旅足川のほとりにある自然豊かな公園が「フレンドリーパークおおひら」です。
見上げると、国道418号丸山バイパスに架かる新旅足橋が一望できます。
ということは、新旅足橋から下をのぞけば、フレンドリーパークおおひらが見えるということ。高さ200メートルの橋を見上げるのは、なかなかの迫力です。
丸山バイパスの交通量がさほど多くないこともあって、川のほとりはとても静か。
日常の喧騒を逃れて川のせせらぎや鳥の鳴き声、木の葉が風に揺れる音など天然のBGMに包まれて過ごせます。

オタマジャクシや小さな魚を見つけたり、川岸の花を見たりと、いつ訪れても自然の移り変わりを楽しめるスポットですが、なんといってもイチオシは夏! 川遊びや釣りを満喫する人たちで休日ともなると大賑わいです。
足を水に浸せばヒヤッとした川の水の感触が足をつつみます。プールとも海とも違う、川独特の感触です。川の水は意外と体を冷やすのでご注意を。川原の小石でケガをしないように、底のしっかりしたサンダルでのお出かけがおススメです。
川原以外にも、水車小屋の周りが親水ゾーンとなっていて、ここでも水遊びができます。小さな子どもは、流れのないこのゾーンが安心です。
園内には「鮎橋」「天魚橋」「鯉橋」等、魚にかけたネーミングの橋がいくつか川をまたいでいます。今は昔ほど魚がいないと言いますが、それでも夏には清流での釣りが楽しめるとあって、釣り人にも人気のスポット(入漁料が必要)。毎年5月と7月には、マスのつかみ取り大会やアマゴ釣り大会などのイベントも催されます。

頭上に広がる青い空、ぽよんと浮かぶ白い雲、周りの山の緑、川の水が流れる音、飛びながら鳴く鳥の声…芝生広場でゴロンと横になれば、体も心も伸びやかになっていくのがわかります。目をつむっているうちに、いつの間にかウトウト、なんていう人もチラホラ。
せっかくの川沿いの公園、川に沿って歩いてみるのも一興です。川は、さほど深くないので、ワンコの水遊びにももってこい。ワンちゃんと一緒に自然の中で過ごしたい、そんな願いがここでなら叶います。
川遊び、釣りにキャンプ、昼下がりのうたた寝…さあ、どんなふうに過ごしましょうか?

やおつMAP

つながる・やおつ

Instagram「#mikkeyaotsu」をつけて
八百津町の画像を投稿しよう!
みんなのmikke!をチェック

Wrapping Taxi